樹脂木デッキと天然木ウッドデッキどちらがいいの?

  • HOME
  • 樹脂木デッキと天然木ウッドデッキどちらがいいの?

工事専門店

 

 

樹脂木デッキと天然木デッキ

汚れ、メンテナンスという点で樹脂木のデッキと天然木のデッキのどちらがいいのかをご案内します。

樹脂木と天然木とではやはりメリット・デメリットはそれぞれあります。

樹脂木は、本物の木粉とプラスチック系の樹脂を混合して作り出したもので、昨今のウッドデッキの需要では天然木を圧倒するほどの人気があります。

今、ウッドデッキといえば天然木のものよりも樹脂木(再生木・人工木とも呼ばれます)のことを差すと言っても過言ではありません。

そんな樹脂木デッキですが、外からは見えない部分である束柱・根太・根がらみなどの地面に近い部分の部材はアルミで出来ているものが多く、デッキ材や幕板・ステップなどは樹脂木で出来ているので、とても腐食に強いというのが一番の特徴です。

ただ、樹脂というと冷たい感じがあると思いますが、樹脂木の肌触りは天然木にかなり近いもので近くで匂いを嗅げば木のにおいがします。機会があればメーカーさんからサンプルを取り寄せられると分かりますのでお試しください。

樹脂木デッキのメリット

ひととき2

天然木デッキのメリット

何だか天然木のメリットが少ないように感じますが、これは天然木の種類にもよります。

天然木には、パイン材・ウェスタンレッドシダー・SPF材などのソフトウッドとイペやウリン材などのハードウッドの二つに分けられます。ソフトウッドの場合は、加工のしやすさはあるのですが、あまり耐久性や耐候性が無いのでメンテナンスが必要になります。

ハードウッドの場合は、ソフトウッドと違って耐候性が強いので腐食する心配は少ないです。その代わりお値段が高いというのが一番のネックとなります。それでもハードウッドを選ぶのはやはり「本物」というステータスでしょう。

いくら人工木が進化していっても、木の風合いという点で本物の天然木を超えることはありませんから。

樹脂木のデメリット

天然木のデメリット

樹脂木の表面が熱くなりやすいというデメリットに関してですが、これはデッキ材の色にもよります。色が薄いものと濃いものを比べればやはり濃いものの方が熱くなりやすいです。

これは実は樹脂木だけの問題ではなく、天然木でも濃い色のものは熱を持ちます。太陽の下で洗濯物を干した時に、白いシャツと黒いシャツでは、黒いシャツの方が熱くなりますよね。それと同じです。

樹脂木は表面が熱くなるからいやだということを聞いたことがあると思いますが、あれは樹脂(プラスチック)が混ざっていることによる幻想で、日光にずっと当たっていれば天然木であっても表面は熱くなるのです。

 結論

結論として、樹脂木デッキと天然木デッキでどちらがいいかと決めなければいけないのであれば私は「樹脂木デッキ」のほうがいいと思います。

これは天然木が悪いものということではなく、あくまでも製品として優れているのは樹脂木デッキだということです。

やはり、メンテナンスしなくてもささくれだったり腐ったりしないというのは一番のメリットですね。

ちなみに天然木にするなら、ハードウッドをお奨めします。お値段は少し張りますが、本物の味わいは素晴らしいものです。

ウッドデッキ専門店では、樹脂木(再生木・人工木)のウッドデッキをかなりお値打ちに提供しております。

uddo

 


トップへ